March.01.2013.Friday

ZBrush プロテクニック


またまたZBrushの新しい書籍がボーンデジタルさんから登場です。その名も
「ZBrush プロテクニック」
 
著者はPaul Gaboury氏。彼はZBrushのメーカーPixologicのリード3Dアプリケーションエンジニアです。ZBrush開発のえらい人です。色々なところでZBrushの指導をされている方です。私がメールを送ってもなかなか返事してくれない憎いあんちくしょうです。(笑)
 
この本は初心者向けではありません。内容的にはZBrushの基本がしっかり習得できていてある程度のスカルプトモデルが作成できる方が対象になります。というのも、初心者にとっては大事な機能がさらっと流されていきます。これは、「この程度の基本は扱えて当然」というスタイルで書かれているということです。まだZBrushを始めたばかりの初心者の方はこの本を読む前に基本を習得しておきましょう。
 
基本を習得できている方にとって、この本の内容は大変素晴らしいモノとなってます。
様々なZBrushアーティストが有用なTipsを紹介してます。一例としまして、Mike Jensenのメカニカルパーツを作成するためのアルファを作成するテクニックは、EAT3Dから発売されているZBrush Hard Surface Techniquesの内容の一部です。なんというお得さ!
 
スカルプトに焦点を当てているというよりは、ZBrushの様々な機能をいかに活用してオブジェクトを作成するのか?という事に焦点が絞られてます。
 
中にはmodoとZBrushを組み合わせて指輪の作成方法を紹介しているところもあったりして
「え?modoの紹介もあるのこれ!?」
とビックリしてしまいました。(笑)
 
レンダリングやマテリアル設定のTipsも紹介されてて、勉強になります。
 
ZBrushの初心者から抜け出して次のステップへと進みたいという方にお勧めです。というか読んでおくべき内容であると言えます。この本に書かれている事が理解できるのであれば、ZBrush初心者ではなくなったと言えるでしょう。
 
ワンステップずつ操作方法が解説されてますので、それに従って自分で試しみましょう。ZBrushに詳しくないと読むだけで理解するのは難しい本です。きちんと書かれている事を自分でやってみて理解しましょう。それが大事です。

December.22.2012.Saturday

ZBrush4R5 新機能紹介UST生放送

本日23時から、ZBrush4R5に追加された新機能の紹介をします。

November.08.2012.Thursday

ZBrushマスター


ZBrushの新書籍がボーンデジタルさんから発売されました。著者はあの通称メデューサ本を書かれたEric Keller氏です。オールカラーなので、読みやすいです。

ZBrushの日本語の情報は少ないので、こういう本は貴重です。私はZBrushの機能はわかっているつもりですが、こういった本は全部買って読んでます。

さて、今回の「ZBrushマスター」ですが、この本がターゲットにしている「これからZBrushをはじめる方」にはちょうどいい本だと思います。始めのチャプターにはデジタル画像とは?という超基本的な解説まであってとても親切。こんなところから教えてくれるの?っていう感じです。

サンプルファイルもDVD-ROMでついてくるので、本の通りに各チャプターのレッスンを進めていけばZBrushの難解なインターフェイスや概念も理解できると思います。この手の本は読むだけでは駄目なので、実際に本を読みながら自分も作業してみるのが大切です。

サンプルも初心者向けに簡単なモノになっているので、本と同じものがつくれない!といった挫折を味わう事もないのではないでしょうか。

本が書かれた時期にはまだ今のZBrush最新版がなかったので、ZBrush4R4の新機能の解説等はありませんが、初心者の方はまずそこに行く前につまずくところが沢山あるのがZBrushですので、余計な心配はする必要ないかと思います。

マニュアルみたいな硬い本なんて読む気にならない!ていう方にもお勧めな本です。

March.06.2012.Tuesday

ポリフレームをマイクロメッシュでオブジェクト化

YouTubeに初めて動画を投稿してみた。

ZBrushがバージョンアップしてZB4R3になったので、それについた新機能MicroMeshを使ったチュートリアルです。

HDモードで作成したから、HD画質でみてくださいね。

October.06.2011.Thursday

Steve Jobs 1955-2011

Appleの創業者で数多くの魅力的な製品を世に送り出してきたSteve Jobsがすい臓がんで亡くなってしまいました。

今日のTwitterはジョブズ一色でしたね。有名人の訃報でこれだけTwitterがその人のことをつぶやいているのを今まで見たことがありません。

いかにスティーブジョブズの影響力が強かったのかがよくわかりました。

前に一度ブログで紹介した彼のスタンフォード大学でのスピーチの動画をもう一度貼り付けておきます。すばらしいスピーチだと思います。

続きを読む>>>

October.01.2011.Saturday

ZBrush4R2-新機能解説放送 第1回目


9月30日放送分の「ZBrush4R2-新機能解説放送 第1回目」の録画です。動画の最初の15分ぐらいが録画できてませんでした。

機能の説明で言い忘れてることが多すぎて後で見てへこみました。

マウスカーソルの表示うまくできてなくて、触ってるところがわかりにくくなってしまってます。うーん・・・。生放送は焦る!もっと落ち着いてやらねば・・・。

ZBrush使いの方はどうぞ。

September.29.2011.Thursday

ZBrush4R2

 zb4R2available.jpg

 ZBrush4の新しいバージョンR2が21日から使用できるようになりました。既存ユーザーにはまたもや無料アップデートです。いったいいつになったらお金を払わせてくれるのか…。毎度言ってますが、太っ腹なメーカーです。

 さっそく使用をはじめたユーザーからさまざまなレポートが届いているわけですが、その中でも一番大きな問題として、カスタムユーザーインターフェイスをするとToolパレットのボタンがCustomUIに反映されずに、Zbrushを再起動後に消えてしまうというのが発生しています。

 これを解決するためのZScriptがメーカーから配布されていますので、そのアドレスを記しておきます。

http://www.zbrushcentral.com/showthread.php?160733-ZBrush-4R2-Troubleshooting-FAQ

↑のFAQの一番下のQ&Aがその事についてかかれてます。ここのUIStarter_Z4R2_V1.zsc.zipというファイルが解決してくれるファイルです。これをダウンロードして
ZBrush>ZStartup>ZPlugs
のフォルダにいれておけば次回再起動後からはカスタムUIが正常に動くようになります。ファイルをいれてからカスタムUIを設定するようにしましょう。

今回のアップデートも様々なすばらしい機能が追加されます。DynaMeshをはじめとして素晴らしい新機能が盛りだくさんです。

 マニュアルを翻訳していろいろと試してみたので、機能紹介のUstream生放送をやろうと思います。よかったら見てください。

チャンネルはこちら
http://www.ustream.tv/channel/blestar

ustlive0930.jpg

September.14.2011.Wednesday

ZBrush4R2 ClayTime Sneek Peek#4


claytime.jpg


ZBrush4R2のスニークピーク(こっそり見せちゃう)動画の新しいのがでてきました。

http://www.zbrushcentral.com/showthread.php?t=160240

これが見たかったんです。動画中では新機能のDynaMeshでの制作が展開されていくのですが、後半で円柱や複雑な形状でのブーリアンを見せてます。従来版で搭載されているUnifiedSkinのアルゴリズムでのブーリアンとどう違うのかは実際に見てみないと判断がつきませんが、動画から受ける印象はいいです。
ブーリアンをした時に全体の形状がぬるくなったりしていないので、そこが期待の持てるところ。これの精度次第ではデジタル原型にも革命くるでコレ。

とにかく、新しいZBrushからは制作のワークフローに新たな方法が加わる事が間違いないので、ここはしっかり研究しようと思います。

現地時間の9月20日にリリース予定なので、日本だと21日になるのかな?いずれにせよ楽しみですねー。

ZBrush面白そうなんだけどなーとか思ってた我が生徒諸君。だまされたと思って動画見てください。いつやるんですか!今でしょ!(予備校かなんかのCMで言ってた)

August.05.2011.Friday

ダウンロード販売はじめました。

dl_start.jpg

★BLESTAR ONLINE STOREがリニューアルオープン!

オークションでも定価の倍の高値がついてしまってご迷惑をおかけしていた、
「BLESTAR ZBrush3.1 Lesson 基本編」
のDVDをダウンロード販売商品としてご用意する事ができました。
また、キャンペーン価格となってお安くなっております。

基本編は再販希望を数多くいただいておりました。DVDパッケージ販売はいたしませんが、DL販売でよろしければ是非、お買い求めください。

データのダウンロード販売システムができたので、モデルデータの販売とかもできるようになりました。やってみたい!

June.22.2011.Wednesday

SculptrisがMac対応に

sculptrisAlpha6.jpg

Macユーザーの皆さんに朗報です。
Pixologicの無料スカルプトソフト。SculptrisがついにMacに対応しましたよ。これで、スカルプトモデリングがどういうものかというのを試してみることができますね。

Sculptris alpha6

↑のリンクからDLしましょう。

sculptrisScreen6.jpg

インターフェイスがPixologicカラーに統一されましたね。GoZが追加されて、ZBrushとの連携もやりやすくなっているようです。Sculptrisでスカルプトにハマったら次はZBrushを買いましょう。