November.02.2011.Wednesday

Battle Field3

Battlefield 3 - Limited Edition (PC・輸入版)

 


最高峰のグラフィックスと話題のBattle Field3を買ってみました。

そのグラフィックスを堪能する為にいつもはXBOX等の家庭用ゲーム機でやるところを、PC版を購入してパソコンでやることにしました。

PCはちょっと前に組んだばっかりで、ハイスペックなので十分動きます。

さっそくやってみましたが、まぁ綺麗。リアルタイムでよくここまでの表現できてるなとジョードロッピングな出来栄えです。世界最高峰というだけはある。煙のボリューメトリックな表現や、リアルタイムのグローバルイルミネーション。海のうねる波。などなど、目を見張るばかり。どんな脳みそしてんのこれ作った人たち。完全に日本おいてけぼり。

PCでやるには結構なスペックを求められますが一見の価値はあると思います。

キャンペーンのストーリーはなんかCoDをちょっとからかってるような部分もあるのかなぁと思う表現がちらほら。

いやぁ、凄いわこれ。

 

August.31.2011.Wednesday

チャールズ・マーティネー

この人があの有名なスーパーマリオの声の人だそうです。お茶目なおじさんです。
マリオの中の人がこんな人だったとは...。

April.10.2011.Sunday

Kinect

Xbox 360 Kinect センサー

 

XBOXのキネクト買いました。
ネットでモーションキャプチャーに使えるというのを見ていたので、やってみたくて買ったのですが、一緒に付いてきたキネクトアドベンチャーがなかなか面白い。

このデバイスはよくできてますねぇ。きちんと動きを認識してくれる。おまけに顔認識までしてるみたい。凄い。

iPi MOCAPってのを使うとKinectモーションを3dsMAXのBipedに取り込めるようです。面白い!自分のポリゴンキャラでもつくってあいさつ動画でも作ってみようか。動きながら音声を録音する方法を考えなきゃいかん。

キネクトはXBOXにつなぐだけでなくPCにもつないでいろいろ遊べます。さらに発売元のマイクロソフトも開発用にSDKを用意してるとかしてないとか。

キネクトを活用した面白いゲームをもっとやってみたいですが、今はタイトルが少ないですねぇ。ダンスエヴォリューションを体験版でやってみましたが、あまりの自分の踊れなさ具合に笑うしかなかった。wゲーム中のスナップショットが撮影されて自分の姿が後で見られるのですが、間抜けすぎて面白いです。

いい運動になるし、こりゃいいぞ。いろいろ試してみたい。MMDやるかー。

September.18.2010.Saturday

Halo: Reach

Halo: Reach(通常版)

 

  Halo(ヘイロー)の最新版

 「Halo: Reach」

 がでたので、やってみました。Haloはシリーズの一番最初からやり続けているFPSゲームなんですが、変化がない。今回はアーマーの能力を上げるという新要素が追加されたぐらいで、武器は全然変わってない。敵も変わってない。新鮮味ゼロ。

 ただグラフィックは綺麗になってます。

 もう、飽いた。このスタイル。

 対戦もCall Of Dutyを知ってしまうと、なんか違うんだなぁ。特攻ゲームになってしまうのは非常に残念。

 ストーリーは楽しめたかな。シリーズ通して知ってないと「おぉ、オータム…」とかならないので、面白みは欠けるかもしれません。

 ストーリー知っておくためにやったような気がする。キャンペーンはすぐクリアできてしまう。ただ、協力プレイが複数人でできるっぽいのでそれはやってみたい。しかし、Halo好きなXBOXフレンドがいない!さみしー!

 

July.02.2010.Friday

The settlers

settlers.jpg

 iPhoneでゲームはあまりした事なかったのですが、iPhone4が発売されて期間限定でgameloftが色々と105円で安売りしていたので、買ってみました。

 リアルタイムストラテジーゲームのThe Settlersなんですが、これよくできてます。

 iPhoneってここまでできるんだなぁ…。と今更ながらに感心してしまいました。

 電池の消耗が激しくてiPhoneが熱くなるので、長時間できませんが、お勧めです。RTS好きは遊べるかと思います。ただ、説明不足なところがあるので、RTS初の人にはややこしいかもしれないです。

 FPSが安売りになってた時に買いそびれたのが悔しい。iPhone4発売日にチェックしておくんだった。

February.09.2010.Tuesday

きみのためなら死ねる

  ヨスケに教えてもらって見たこの動画。

 nintendo DSの

 「きみのためなら死ねる」

 というゲームのテーマソングなんだそうですが、歌ってる声が…。

 いつこんな仕事したかしら?

December.14.2009.Monday

エリクサー

elixir01_m.jpg

 毎年一回は罹るようになってしまった鼻の粘膜が腫れる奇病にかかって、とても苦しい。4~5年前からかかるようになった。でも、一年に一回なるとその後はならないんだよねぇ。不思議。なんなんだろう。

 鼻が腫れるから眼鏡をするだけでも痛い。おまけに顔の真ん中がずーっと一体もんだから仕事に全然集中できない。いつもはもうちょっと早く罹ってたのに今年はこの忙しい師走に罹ってしまってダルい!仕事で疲れて抵抗力が弱ってんだなこりゃ。

 そんなわけで、エリクサーを買ってみた。たまたま入ったお店に置いてあったので飲めばHPも全回復するかという期待を込めて飲んでみた。

 CCレモンやね。

December.08.2009.Tuesday

UDKは凄いおもちゃ

UDKed.jpg

 先日ブログに書いたUnreal Development Kitですが、中身を知っていくと本当に凄い物だというのがよくわかります。ゲームを作る為にとことん作りこまれたキットですよこれ。

 しかもUnrealエンジン3という世界最高レベル(もう4が出るとかいう噂もあるから違うか…)のゲームエンジンを使って自分の思う様ゲームを作る事ができます。写真はUDKエディターのスクリーンキャプチャーです。リアルタイムにこのクオリティで作業ができるんですよ!!なんてこったい!一昔前ならレンダリング画像だと言っても疑われないぐらいのクオリティですよねぇ。この状態でグリグリとウォークスルーできるんです。太陽のレンズフレアもリアルタイム。なんなんだこの技術力。アメリカ凄い。この技術が日本のモノじゃないのが悔しくてならん!

 最近は寝る前に布団の中で寝付くまで映像マニュアルを見てます。全部英語なんで厳しいところもありますが、理解できると面白い!

 最初の状態ではすぐにFPSゲームが作れるようになってます。マップや敵の配置、しかけを作っていきます。これをレベルデザインと言います。レベルデザインができたら、エディターから即座にゲームモードに切り替えて実際に自分の作ったマップの中を動き回る事ができて、ゲームがプレイできます。

 3dsMAXで作ったオブジェクトにZBrushでスカルプトを施して、ノーマルマップを付けてゲームに取り込めてしまいます。驚きの簡単さ。こんな簡単にゲームが作れてしまうなんて…感動。

 今頃初音ミクFPSとか作ってニコ動にアップしようと頑張ってる人達がいるんじゃないでしょうか。(笑)

 

続きを読む>>>

November.29.2009.Sunday

Unreal Development Kit

udk.jpg

 Unreal Engineというのをご存じでしょうか?

 EpicGamesというアメリカのゲーム会社が開発した、ゲームを作る為のミドルソフトウェアです。

 今のゲームといえば3Dポリゴンなわけですが、このゲームは作るのがかなり難しい。ゼロからプログラムをして作るのは至難の業です。そのプログラミングの難しい部分をミドルソフトウェアがやってくれて、人間が作業しなければいけない負担を減らしてくれるものです。

 UnrealEngineは海外ゲームではよく使われているのを見ます。UnrealTornamentを初め、最近の有名タイトルではGears of  Warもこれで作られています。

 Epic GamesからUnreal Engineのライセンスを購入すれば、この優秀なミドルソフトウェアを使ってゲームを作る事ができます。そのお値段なんと35万ドル。35ドルちゃいますよ。35万ドル!!日本円にして2,975万円(1ドル85円換算)円高でもこのお値段。到底個人では手がでません。

 しかし!なんと!このアンリアルエンジンが今オープンになっている!今月の中ごろに実はアンリアルエンジンの開発キットが公開されているのです!約3千万円の開発キットがタダで使えちゃう!オリジナルのゲームをアンリアルエンジンを使って個人で作れるのです。商用は当然ライセンス料いりますけどね。商用じゃなければ使ってもいいとは、なんと太っ腹。

 凄いよEpic Games。さっそくダウンロードして試してみてやろうとマニュアルを探すと映像マニュアルがあるのですが、このマニュアルだけで23時間程あるらしい…。23時間の映像マニュアルて…。心が折れる。

 でも、自分でFPSとか作れるとか面白いじゃないですかっ!ちょっとマニュアルみたら演出部分とかも作れてしまうし、エフェクトやら物理エンジンやらなんやら、およそゲームに必要なモノは全部はいっとる!

 学校のゲーム科とかって、これからこれで勉強させるようになるんじゃないだろうか…。そして、これで勉強した子達がゲーム会社に入ってこのエンジンのライセンスを買う事になってEpic Games大儲け。先行投資かっ!?

 やるなEpic!

 誰か一緒にFPS作りませんか?w

November.16.2009.Monday

Call of Duty: Modern Warfare 2

Call of Duty: Modern Warfare 2(輸入版:北米・アジア)

  ファーストパーソンシューター(FPS)の有名タイトル。「CALL OF DUTY」の「MODERN WARFARE2」が先日発売されたのですが、なんと初日の売り上げが700万本!!

 どんだけ売れとんねん!

 日本ではまだ正式に日本語版がでてません。北米版・アジア版といった輸入物なら手に入ります。この数字見ると日本のゲーム市場がいかに苦戦してるかがよくわかりますねぇ…。

 700万本とは恐れ入った。

 最近は動画サイトで実況とかを見れるので、このゲームの動画を見てみたのですが、まぁクオリティの高いことよ。映画見てるみたいな画面でもう凄いとしか言えない。画面に映っているモノはすべて誰かの手によって作られているのがポリゴンゲームですが、よくぞこれだけの物量を入れ込んだもんだと感心するしかありません。

 北米市場ややっぱりこういった一人称視点の戦争物が売れまくります。USアーミーのプロパガンダとして一躍かっていることでしょう。実際、戦争映画つくってた会社の一番偉い人が元CIAだったとか言う話がありますしねぇ。

 お話はテロリストをアメリカが倒す。勧善懲悪モノ。でも、その中に戦争の虚しさや恐ろしさを教訓として語るのがこのシリーズです。今作はテロリストが空港で一般市民を虐殺するシーンがあって、それが各方面で問題になっているようです。ゲームと現実の区別のつかない人間がいるので、こういう問題が起こってしまうんでしょう。ゲームはゲーム!一日一時間っ!

 日本語版でたら買ってみよ。