November.08.2012.Thursday

ZBrushマスター


ZBrushの新書籍がボーンデジタルさんから発売されました。著者はあの通称メデューサ本を書かれたEric Keller氏です。オールカラーなので、読みやすいです。

ZBrushの日本語の情報は少ないので、こういう本は貴重です。私はZBrushの機能はわかっているつもりですが、こういった本は全部買って読んでます。

さて、今回の「ZBrushマスター」ですが、この本がターゲットにしている「これからZBrushをはじめる方」にはちょうどいい本だと思います。始めのチャプターにはデジタル画像とは?という超基本的な解説まであってとても親切。こんなところから教えてくれるの?っていう感じです。

サンプルファイルもDVD-ROMでついてくるので、本の通りに各チャプターのレッスンを進めていけばZBrushの難解なインターフェイスや概念も理解できると思います。この手の本は読むだけでは駄目なので、実際に本を読みながら自分も作業してみるのが大切です。

サンプルも初心者向けに簡単なモノになっているので、本と同じものがつくれない!といった挫折を味わう事もないのではないでしょうか。

本が書かれた時期にはまだ今のZBrush最新版がなかったので、ZBrush4R4の新機能の解説等はありませんが、初心者の方はまずそこに行く前につまずくところが沢山あるのがZBrushですので、余計な心配はする必要ないかと思います。

マニュアルみたいな硬い本なんて読む気にならない!ていう方にもお勧めな本です。