October.06.2011.Thursday

Steve Jobs 1955-2011

Appleの創業者で数多くの魅力的な製品を世に送り出してきたSteve Jobsがすい臓がんで亡くなってしまいました。

今日のTwitterはジョブズ一色でしたね。有名人の訃報でこれだけTwitterがその人のことをつぶやいているのを今まで見たことがありません。

いかにスティーブジョブズの影響力が強かったのかがよくわかりました。

前に一度ブログで紹介した彼のスタンフォード大学でのスピーチの動画をもう一度貼り付けておきます。すばらしいスピーチだと思います。


stevejobs.jpg

私がMacintoshと出会ったのは高校生の時でした。通っていた高校にMacintoshが導入され情報処理という名の授業でMacintoshに触れることができました。

私はその時生まれてはじめてマウスとGUI(グラフィカルユーザーインターフェイス)というものに触れました。先生にこの画面はデスクトップと言い、机の上を表していると教えてもらい、アイコンをダブルクリックするとHyperCardというソフトが開きました。

絵が描け、アニメーションも作れ、音を録音でき、文字を入力し、スクリプトでプログラミングできました。なんなんだこれわ!と驚いたのを今でも忘れてません。

それまでの私の中のパソコンは、コードを打ち込んで初めて画面に何かがでてくるというモノでしたから、GUIを見て触れた時の衝撃はかなりのものでした。Macintoshとはそれ以後離れることなく今もつきあってます。音楽を聴くのはiPodだし、携帯電話はiPhone。タブレット端末にはiPad。我が家はどこを見てもappleの製品だらけです。

新製品の発表時のキーノートはいつも楽しみでした。スティーブの魅力的なプレゼンテーションにいつもわくわくさせられてました。あのプレゼンをもう見ることができないと思うと残念で仕方ありません。

Macintoshがなければ今の仕事にも就いてません。
スティーブの作り出した製品は私の人生を形作る大切な一部分であり、またこれからもそれは続くでしょう。

ご冥福をお祈りします。

このブログ記事と同じカテゴリのブログ記事

コメント[2]

本当に、本当に残念でなりません。
まだ56歳ですよ、まだまだこれからという時です。
彼の見つめるビジョンにとって、恐らくiPhoneなんてまだスタートに過ぎなかったでしょう。。。
求めていたイノベーションを完成させる事ができず、きっと悔しかったんじゃないでしょうか。

僕もApple IIやMacintoshなど、当時は名前も偉大さもわかっていませんでしたが、
知らないうちにジョブズの作品に触れ、気づかぬうちに魅了され、
いつの間にかAppleに囲まれて生活しています。
そして良いデザインを創り上げるためには何が必要か、
Appleの製品やジョブズの姿勢はそれを教えてくれた気がします。

知り合いどころか、見たことすらないのに、訃報を聞いた途端、
ものすごい喪失感に襲われました。
正直今でもまだ信じられないというか・・・「one more thing...」と言って
ひょっこり新製品を見せてくれるんじゃないか、なんて心のどこかで期待していたりします。

Appleには彼の死によって、彼のビジョンの実現が遅れる事がない様に
さらに頑張ってもらいたいです。
ご冥福をお祈り致します。

ヤマサキ
Apple愛が伝わるコメントですな。

ジョブズの顔をモデリングしながら、あぁーもういないのかー。と寂しくなった。今後のAppleはきちんと彼の意思を受け継いで今まで以上にいい製品を産みだしていってほしいもんです。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.blestar.com/mt42/mt-tb.cgi/258