September.29.2011.Thursday

ZBrush4R2

 zb4R2available.jpg

 ZBrush4の新しいバージョンR2が21日から使用できるようになりました。既存ユーザーにはまたもや無料アップデートです。いったいいつになったらお金を払わせてくれるのか…。毎度言ってますが、太っ腹なメーカーです。

 さっそく使用をはじめたユーザーからさまざまなレポートが届いているわけですが、その中でも一番大きな問題として、カスタムユーザーインターフェイスをするとToolパレットのボタンがCustomUIに反映されずに、Zbrushを再起動後に消えてしまうというのが発生しています。

 これを解決するためのZScriptがメーカーから配布されていますので、そのアドレスを記しておきます。

http://www.zbrushcentral.com/showthread.php?160733-ZBrush-4R2-Troubleshooting-FAQ

↑のFAQの一番下のQ&Aがその事についてかかれてます。ここのUIStarter_Z4R2_V1.zsc.zipというファイルが解決してくれるファイルです。これをダウンロードして
ZBrush>ZStartup>ZPlugs
のフォルダにいれておけば次回再起動後からはカスタムUIが正常に動くようになります。ファイルをいれてからカスタムUIを設定するようにしましょう。

今回のアップデートも様々なすばらしい機能が追加されます。DynaMeshをはじめとして素晴らしい新機能が盛りだくさんです。

 マニュアルを翻訳していろいろと試してみたので、機能紹介のUstream生放送をやろうと思います。よかったら見てください。

チャンネルはこちら
http://www.ustream.tv/channel/blestar

ustlive0930.jpg

September.14.2011.Wednesday

ZBrush4R2 ClayTime Sneek Peek#4


claytime.jpg


ZBrush4R2のスニークピーク(こっそり見せちゃう)動画の新しいのがでてきました。

http://www.zbrushcentral.com/showthread.php?t=160240

これが見たかったんです。動画中では新機能のDynaMeshでの制作が展開されていくのですが、後半で円柱や複雑な形状でのブーリアンを見せてます。従来版で搭載されているUnifiedSkinのアルゴリズムでのブーリアンとどう違うのかは実際に見てみないと判断がつきませんが、動画から受ける印象はいいです。
ブーリアンをした時に全体の形状がぬるくなったりしていないので、そこが期待の持てるところ。これの精度次第ではデジタル原型にも革命くるでコレ。

とにかく、新しいZBrushからは制作のワークフローに新たな方法が加わる事が間違いないので、ここはしっかり研究しようと思います。

現地時間の9月20日にリリース予定なので、日本だと21日になるのかな?いずれにせよ楽しみですねー。

ZBrush面白そうなんだけどなーとか思ってた我が生徒諸君。だまされたと思って動画見てください。いつやるんですか!今でしょ!(予備校かなんかのCMで言ってた)

September.13.2011.Tuesday

Wacom Cintiq24HD

わー。もうCintiq新製品になってるよ!
しかも24HDでワイド画面になってる。でかいっ!

Cintiq21UXを使い始めて1年以上経ちましたが、あいかわらずこれは最強ツール。ZBrushとの相性も凄くいい。液晶タブレットは手が邪魔になるという話をよく聞きますが、私も相棒もまったくそんな事は感じておらず、便利だなーと思ってます。

新製品はワイド画面になってますが、これはどうなんでしょうね。4:3の21UXに慣れてしまっているのでワイドには違和感を感じると思います。

お値段278,000円初代のCintiqと同じぐらいの値段ですね。誰か買って触らせて。

 

 

続きを読む>>>