January.22.2010.Friday

彫金教室アトリエアーク

atrieark.jpg

 今日はアトリエアーク様に訪問させて頂きました。

 ブログに紹介してもいいよと快諾してくださったので、紹介します。詳しくは上のリンクからサイトをご覧ください。

 デジタル造型の事はもちろん、アナログでの制作、彫金をされていて、かっこいい工房でした。見たことない道具がいっぱいあって、もう面白すぎでした。溶けたワックスを注入する装置とか石を付ける為に地金を叩く機械とか凄い。欲しい!(笑)

 店主の西川さんも気さくに色々とお話して頂いて、勉強になりました。

 上の写真のようにレースからシルバーをつくった作品とか、いろんな作品を見せて頂いてもう感動&興奮。素敵な作品がいっぱいありました。

 いやぁ、こんなんしたい!皆さんもどうですか?アクセサリー制作。ハマるに違いない!

このブログ記事と同じカテゴリのブログ記事

コメント[4]

彫金もわくわくするのですが、リンク先でT-Splineの日本語版案内があったのに驚きました。
ver1の頃、日本語翻訳してたんですね、コレ。
私が一番最初に翻訳をしたソフトです。
自分でも輸入代理でもやろうかしらんと思ったんですが、メーカーの提示する毎年の売り上げノルマが結構高めの設定なので躊躇した記憶があります。
日本語版が出せるほど、この種の市場が発展してきているのは嬉しい限り。

それにしても、宝飾関係はRhinoの派生ツールが充実していて、楽しそうです。
デザインしたものがアウトプットされて触れるものになるというのは、ロマンがあります。

ぬまさん
>私が一番最初に翻訳をしたソフトです。
 そうなんですかっ!驚きました。

 Rhinoジュエリーを見せていただいたのですが、面白いソフトですね。ジュエリーを作る為の機能が充実していて、欲しくなってしまいました。

 今まで画面でしか見れなかったポリゴンが手にとれるなんて、いい時代になったもんですね。

せっかくなんで、ぶっ飛んだデザインのアクセとかやりたいですねぇ。
なんかのコンテンツにでてきそうなの。
・・・レイヤーさんが自作するのにハードルが高い小道具とか喜ばれるかも

○おさん
 そうですねー。手でやるのに時間がかかりそうなのを、サクッと作ってしまえるといいんですけどね。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.blestar.com/mt42/mt-tb.cgi/161